P70355722.jpg

曳舟の家

​東京都隅田区

猫と暮らす、終の棲家

ここは、二世帯+1匹の猫のための家。「猫が主人」というこの家には、扉に設けられた猫用の小窓や、キャットウォーク、室内の壁面には猫が遊ぶための段差があるなど、猫が楽しく、快適に暮らすための仕掛けが様々なところに組み込まれています。

hikifune.jpg

木造密集地域に位置し、「新防火地域」という防火の規則の厳しいエリアに建っていますが、「このような場所でもTOKYO STYLEのような木のある暮らしができるだろうか」とご相談をいただいたのが家づくりのはじまりでした。「燃えしろ設計」を採用し、部材を太くすることで、柱や梁などの構造の木部を住空間に表しにする設計としました。また、暮らし方を丁寧にヒアリングしながら、木製の収納や机などの家具を「造り付け家具」として計画することで、一体感と落ち着きのある木の空間を実現することができました。

P7055682n.jpg

ほとんど全ての収納が「住まい手さんの使い勝手や住まい方に合わせた」造作家具になっているため、収納量を確保しつつも視線が通りやすく広々と感じられる。

P7035576n.jpg

玄関から入って突き当り正面の棚の扉は、漆を塗ったシナ合板の木製建具

P7025460n.jpg

造り付けのテレビ台から高窓に続く板を「キャットステップ」と命名し、猫ちゃんの日課である「窓から道路を行き来する人を眺める」を叶えた。

P7035572n.jpg

周辺の環境を含めて日照シミュレーションをしたところ、南側からの日差しが限られた時間に僅かしか入らなかったため、リビングの南側には掃き出しの木製サッシを配置。階段は鉄骨を使用することで、開放的になり階段下が少しでも明るくなるよう設計されている。

IMG_1982_Rn.jpg

収納スペースも杉の板で囲うことで、山小屋の秘密基地のような空間に。

建物性能

【建物性能】

①延床面積107.5㎡(32.5坪)
②長期優良認定住宅

 

​③断熱性能
 Ua値:0.39 HEAT20:G2

④気密性能 

 C値 :0.6
⑤耐震性能:等級2

​⑥新防火地域:準耐火建築物(もえしろ設計)

 
UA値:外皮平均熱貫流率
C値:相当すき間面積

猫2.jpg
↑.png

猫との暮らしを聞いてみる

DSC_05582.jpg

イベント情報