• TOKYOSTYLE 中島工務店

苔玉づくり

暖かい春の陽ざしが嬉しい季節になりました

桜が散り、まちが緑一色に包まれている今の季節におすすめしたい

インテリアとして人気の『苔玉』のつくりかたをご紹介させて頂きたいと思います


準備するもの


・植えたい植物

・コケ(ハイゴケは乾燥に強く丈夫)

・ケト土

・赤玉土

・川砂

・くん炭

・トレー(作業がしやすい大きさ)

・手袋

・ハサミ

・テグス

・お箸

・新聞紙

・苔玉を載せる皿





手順


1.植えたい植物の土を落とす(全て落とさなくてもよい)

  このとき、お箸を使って根を傷めないように落とす  作業時間:10分







2.ケト土 5:赤玉土 3:川砂 1.5:くん炭 0.5 の割合で配合する

  (ケト土単体だと土が密着しすぎる為、空気が入って呼吸がしやすいように

  他の土を混ぜる)

  小さな枝やゴミが混ざっていたら取り除く       作業時間:10分



○ピートモスもおすすめ

 通気性に優れ、ケト土よりも管理がしやすいが形を整えるのが難しいです…




3.水を少しずつ足しながら弾力が少し残るくらいまで丸く固めていく

 (コケを貼るので作りたいサイズの一回り小さめでつくる)    作業時間:8分





4.真ん中にくぼみを作り、その中に植物を入れて土で覆う  作業時間:10分





5.土にコケを貼りつけていく

 (あらかじめコケを少し濡らしておくと定着しやすい)  作業時間:10分





6.貼ったコケが剥がれないように糸を巻いていく

 糸の最後は土の中に押し込む

 (部分的に偏りがないように、色々な角度で巻いていく)  作業時間:15分





7.水を張った皿に苔玉を浸し、十分に吸わせたらブクブク気泡が止まったタイミングで

 水から引き上げる


 お皿に張った水は捨てましょう

 水に浸したままだと根腐れしてしまい枯れてしまう原因になります  作業時間:2分





8.完成


完成した際にテグスが見えていますが、コケが育って徐々に目立たなくなります




合計時間:1時間5分


育て方


直接日光が当たらない風通しの良い場所に置くのが良いです


水やりは毎日、朝に1度水を張った皿に苔玉を浸してるのみです


感想

今日が初めての苔玉づくりで、合わせて2つ作成しました

くぼみを作る過程で、水分量が少ないと砂がポロポロと崩れてしまうので水分量を多くすると形が保たれ、くぼみを作りやすいことを2個目の苔玉づくりで学びました'◡'

材料もホームセンターなどで揃えやすく、手軽に作れると思います

皆さまもぜひチャレンジしてみて下さい


(2個目にチャレンジした苔玉を添えて)




大和田





113回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示